この記事は約 6 分で読めます

宮古島東急ホテル&リゾーツには5つのレストランとバーがあります。

 

朝食付きプランを選んだ方は、チェックイン時に【食券】がもらえますので、

6:30~10:00の間に朝食会場の【シャングリラ】【やえびし】で済ませます。

 

食事なしプランの方は、朝食は2,376円~になります(;’∀’)

 

夕食に関しては、ホテル周辺は徒歩で行けるレストランや居酒屋がありません。

 

空港~平良港周辺の中心部にはレストランや食堂などがありますが、車かタクシーで行かねばならず、冷えたビールを毎晩飲みたい私たちは4日間ともホテル内のレストランで済ませました。

 

ではさっそく食レポ始めますね^^

 

夕陽を見ながら食べる「バーベキューハウス」

 

東急ホテル バーベキューハウス

 

予約必須のバーベキューレストランです。(レセプションや内線電話で予約できます)

 

オープン時間18:00~22:00(季節によって30分前後のズレがあります)

 

屋根のないオープンエリアから、オレンジ色に染まる空、沈む夕陽を眺めながらバーベキューができるので、恋人同士や家族、友人同士、誰とでも楽しめるので、予約がすぐに埋まってしまいます。

バーベキューハウス

 

雨の場合、屋根付きの室内で食事をします。

 

私たちはホテルに到着してすぐに予約をしたのですが、すでに18時開始のテーブルが埋まっていましたので、次の回の20時からのスタートにしてもらいました。(シーズン中は激コミが予想されるので、ホテルの予約と同時にした方がいいかもしれません)

 

とくに18時スタートは、ちょうど沈む夕陽が見られるので人気が高いそうです。

 

バーベキューハウス 海が見える

 

20時スタートはあまり人がいなかったため、桟橋が見える窓際の席に案内していただけました。

 

東急ホテルレストラン バーベキューハウス

 

一人3500円くらいのセットメニューを頼みました。

 

ソーセージ、鶏肉、豚肉、牛肉、とうもろこし、ゴーヤやキャベツなどがあり、この他に、ビュッフェコーナーでサラダ、白米、お味噌汁、焼きそば(宮古そば)などがありました。

 

肉をつけて食べるソースは2種類で、しょうゆベースとみそベースのものです。

ボリュームはけっこうあります。これより上のランクのメニューにはエビなどの海鮮があった記憶がありますが、安い方を頼んでよかったです。

 

目の前にあるものを食べるのが精いっぱいで、ビュッフェに並んでいるものをほとんど食べられませんでした。

 

朝食は「シャングリ・ラ」でヨーロピアンリゾート風に

 

 

こちらのレストランは朝食会場となっているので、夜のディナーとしては利用はしなかったのですが、プールサイドのテーブル席で食事ができるので、開放的でとても気持ちがいいです。

 

朝食のオープン時間は6:30~10:00

 

シャングリラ 朝食 プールサイド

 

ビュッフェスタイルですが、品数はとても多く、種類も豊富です。

 

洋食バージョンでは、卵料理もスクランブルエッグやオムレツ、焼きたてのパン、サラダ・フルーツ・ヨーグルト、コーヒー、紅茶、ジュース、牛乳、コーヒー、盛りだくさん。

とくにジュース類はオレンジ、マンゴー・グァバ、などの生ジュースがあり、とても美味しいです。

 

ヨーグルトに新鮮なフルーツをたくさんいれて食べたり、ヘルシーでリッチな食事が、朝からガッチリ食べられます。

 

シャングリラの和食

 

こちらは和食バージョン

 

温野菜をはじめとする、バリエーション豊かな和食です。

 

私は、旅先でおかゆがあると、かならずおかゆを頼むほど好きなのですが(お釜から炊くおかゆさんは美味しい)、ここのおかゆも美味しかったです。

 

沖縄にはかかせないサンピン茶が、この和食によく合って、朝からガッチリ食べます。

 

私たちはここでかなりの量の朝食を食べるせいか、お昼になってもまったくお腹が空かずにいたので、ランチは食べずに、ジュースを飲んだりアイスを食べたりして夕飯まで持たせました。

 

「バー ムーンシエル」で食前酒を

 

バー ムーンシェルジュ

 

食前酒 シャングリラ

 

プールサイドにあるバー ムーンシエルで、ディナー前にカクテルをたのんでみました。

 

屋内にはグランドピアノが置いてありステキでしたが、人気のいなくなったプールサイドで静かに日が暮れるのを見ながら飲む食前酒もいいものです。

 

ここで軽いおつまみ(ナッツなど)を食べながら、明日はどこへ行こうか~と話したり。

 

和風ダイニング「やえびし」の島料理は絶対食べてみるべし!

 

シェフこだわりの和の朝食

朝食のオープン時間は7:00〜10:00

 

やえびし 島料理

 

やえびしの和朝食

 

このやえびしでは、薪を使って釜で炊いたこだわりの和朝食膳を食べることができます。

 

純和風の日本の朝ご飯で、ダシのきいた卵焼き、白米をかみしめたときの甘さ、郷土風お漬物など、美味しかったです。

 

やえびしは和食中心の朝食場所なので、洋食と和食、両方一度に食べたい方は、「シャングリ・ラ」をおすすめします。

 

 

寿司ご膳(3500円)と天ぷらご膳(3000円)の夕食

 

夕食のオープン時間は17:30~22:00

 

やえびしの冷酒

 

生ビールで乾杯して、冷酒をいただきました。

 

やえびし膳 琉球小鉢三品

 

琉球小鉢三品のオードブル(ラフテー・もずく・??)

 

てんぷら膳のオードブル

 

こちらはお寿司ご膳のオードブル3品(ティビチの煮凝り・もずく・お刺身)

 

やえびし膳の茶碗蒸し

 

茶碗蒸し

 

グルクンと野菜の揚げだし

 

グルクンと野菜の揚げだし(これは別注文ですが、かなり美味しいです。ビールがすすむすすむ(笑)

 

お寿司ご膳

 

やえびしのてんぷら

 

お寿司も、天ぷらも美味しかったです。

 

2回目のやえびしディナーは単品注文

 

やえびし サンゴの箸置き

 

サンゴの箸置きと、素朴な青いお皿が、おだやかな宮古島によく似合ってます。

 

やえびしのラフテー

 

ラフテー(1500円)、しっかり味がしみ込んでて、トロトロにやわらかくて、美味すぎます。

 

グルクンと野菜の揚げだし

 

前回頼んだグルクンと野菜の揚げだし(1300円)が美味しかったのでリピート。

 

おつくり盛り合わせ

 

お造り盛り合わせ(1800円)

 

やえびし 島唄

 

島唄の生演奏をしていました。

 

三線のどこか懐かしさを感じさせる音が心地よくて、「涙そうそう」を歌われた時は、不覚にも涙がでてしまいました(飲みすぎです(笑)

 

国産和牛をステーキで食べたい「鉄板焼」

 

宮古島東急ホテル 鉄板焼の室内

 

シェフが鮮やかな手つきで調理をしてくれるのを見ながら肉が焼けるのを待ちます。

目の前で肉を焼いてもらえるので、油ハネ防止にエプロンをつけます。

 

コースメニューは10,000円(前菜+肉+ご飯+味噌汁+デザート)、価格が上がるごとに、+アワビ(14000円)+伊勢海老ハーフ(18,000円)がついていきます。

 

宮古島東急ホテルの鉄板焼き 

 

ソースは大根おろしの入った和風ダレ、ゆず風味、中華風だった気がします。(うろ覚えですみません)

 

前菜がありましたが、写真を撮るのを忘れてしまいました。

 

お肉は柔らかくて、もうちょっと食べたいなあとオカワリしたいくらい美味しかったです。

 

鉄板焼きの付け合わせの野菜

 

またこの付け合わせのお野菜が軽く炒めてあるだけなのですが、ほんのり甘みがあり、お肉の味を邪魔しない素朴な自然な味で、とても美味しかったです。

 

食後のデザート マンゴーアイス

 

デザートはマンゴーのアイスクリームでした。

 

【まとめ】東急ホテル内のおすすめレストラン(夕食)

 

★★★やえびし

★★バーベキューハウス

鉄板焼き

 

1位はやはり【やえびし】で、郷土料理を食べるのをおすすめします。

 

せっかく沖縄にいるんですもの、その土地の食事を食べたいですよね。

お刺身も、関東では見られないお刺身がありましたし。

お寿司も美味しかったです。

 

ビールはもちろんオリオンビールで(笑)

 

コースも3500円くらいからですし、単品メニューも豊富です。

コスパも悪くありません。単品注文なら二人で6~7000円前後でしょうか。

 

 

2位は【バーベキューハウス】です。

 

波のせせらぎをききながら、とくに沈む夕陽を見ながら夕食をとれるのはロマンチックですよね。

ただ、お肉にいたっては普通のお味です。お野菜は甘くておいしかったですが。

なのでここは料理の味より、雰囲気を楽しむのがいいですね。

 

3位は【鉄板焼】です。

 

お肉はかなり美味しいのですがお値段が高いので、記念日とか、誕生日とかそういうときではないとちょっと利用しにくいですね。

 

二人で2万円オーバーでしたので、お値段がもう少し安ければ2位にしたんですが(笑)