この記事は約 6 分で読めます

18種の無料貸切露天風呂に何度でも入れる!【龍洞】水上温泉(群馬県)

群馬県 水上温泉のさらに奥にある、秘境「湯の小屋温泉」にある、風呂良し!食事良し!コスパ良し!の3拍子そろった温泉宿「龍洞」の口コミです。(リニューアル前とリニューアル後2017年11月の滞在時の情報を載せています)

 

貸切露天風呂が、制限時間もなく、無料で、何度でも入れるので、恋人同士、ご夫婦、ご家族、友人同士でのんびり貸切でお風呂に入りたい方たちに最適の宿です。

 

私はここが気に入っていて4~5回はリピしています♪

 

源泉掛流しの湯めぐりテーマパーク 龍洞 ★★★★*

 

龍洞のココが素晴らしい!

 

  • 貸切露天風呂が24時間使える
  • 露天風呂が18か所あるので、それぞれ楽しめる(スタンプ制覇で記念品有り)
  • 創作和洋会席料理がかなり美味しい←ココ重要
  • コストパフォーマンスが良い

 

龍洞 大雪

 

大雪の季節に行くと(1~2月)積雪は2mくらいあります。

 

湯の小屋温泉行きのバスの車中から見る雪景色は圧巻。

 

龍洞 2月

 

大きな雪だるまがお出迎え

 

大雪が積もると露天風呂へ行く通路は、お宿が用意した長靴に履き替えて移動します。

 

傘もあります。

 

湯の小屋温泉 龍洞

 

自動販売機があり、途中、水飲み場もあります。

 

山の水は冷たくて美味しいので、水分補給をしながらお風呂を楽しみましょう。

 

自販機で買ったスポーツドリンクを露天風呂のわきにある雪の中に挿しておくと、お風呂に入りながら冷たいのが飲めます。

 

水上温泉 龍洞

 

部屋にお風呂用のカゴが置いてあるので、携帯電話、貴重品なども持って出られます。

 

浴衣と作務衣、両方あります。

 

寝るときは浴衣、食事をするときは作務衣のように着替えられて便利ですね。

 

龍洞の露天風呂

 

温泉は100%源泉かけ流しの天然温泉。

 

龍洞 露天風呂入口

 

 

お風呂エリアの入り口に、各風呂の名前のついた木札がかかっているので、その木札を使用する貸切風呂のドアの横にかけて、中から内鍵をかけて使用します。

 

18か所あるので、そうそう回り切れませんが、スタンプラリーで全部制覇すると記念品がもらえます。(湯呑とか食器類)

 

この入口のそばに、冷えたおいしいお水を飲むこともできますので、スタンプラリーをする方はこまめに水分補給しながら挑んでくださいね!

 

自動販売機もあります。

 

龍洞 露天風呂

 

大きな露天風呂「川龍」と「大龍」はとくに人気があるので、空いていたら早めに入りましょう。

 

龍洞 大龍

 

 

 

龍洞 音龍 露天風呂

(音龍の露天風呂)

 

お湯の温度は熱め。夏場はちょっと熱いかもしれません。

 

なのでおススメは極寒の冬。

 

真冬の外気温は氷点下になるので、脱衣所が死ぬほど寒いのですが、この死ぬほど寒いのを我慢して裸になり露天風呂につかると、そこはもう極楽浄土で、世の中にこんな気持ちの良いことがあるのか・・・とうなるほど気持ちがいいです。

 

私はこの温度差の気持ち良さにハマり、龍洞さんへ行くときは冬が多いです。

 

できれば屋根のある半露天「音龍」でまず身体を温めてから、「川龍」「大龍」などの露天風呂をめぐるといいかもしれません。

 

音龍は屋根があるので、脱衣所は湯気がこもり、他の露天風呂ほど寒くありません。

 

龍洞 内湯

 

なお、露天風呂にはシャワー等の設備がありませんので、シャンプーや体を洗う場合は本館の内湯で済ませます。

 

ここは外気に触れていませんのでかなりお湯の温度が高いのですが、水をどんどん出して適温にします。

 

多少ぬるくなっても、また熱いお湯がじゃんじゃん出てくるので大丈夫です。

 

龍洞の食事

 

夕食・朝食とも、お食事処の個室で食べます。

 

部屋食を好む方がいらっしゃいますが、食事の内容によっては部屋に匂いがこもる場合があるので、私は個室があれば食事処で食事をするのがいいという考えです。

 

部屋は完全個室なので、プライベートはしっかりと確保できるのでお忍び旅行にも最適。

 

湯の小屋温泉 龍洞 夕食

 

食事は創作会席料理。

 

かなり美味しいし、ボリュームもあります。

 

山の温泉地の宿にありがちな鮎の塩焼きも、小ぶりだけど新鮮でとても美味。

 

私は川魚がちょっと苦手なのですが、ここの鮎はとても美味しかったので残さず食べました。

 

※上記の写真以外にもたくさん料理が出たのに、食べるのに夢中で写真撮り忘れました。

リニューアル後の龍洞の食事(2017年11月)

 

龍洞さんは日本風の創作会席料理がとてもおいしかったのですが、シェフが変わったようでリニューアルしましたね。

 

こんどは和洋折衷の会席料理です。

 

献立を見ていただけるとわかるのですが、地元の旬の幸が盛りだくさん!

 

龍洞2017年11月の夕食メニュー

 

龍洞 夕食

 

龍洞 食事

 

龍洞 夕食 ステーキ

 

龍洞 夕食のデザート

 

リニューアル前の料理も美味しかったですが、今回いただきましたお料理もかなり美味しかったです。

 

岩魚もあいかわらずあっさりとして美味しくて、上州牛も柔らかくて食べやすかったです。

 

私はお腹がいっぱいになり、ご飯はいただかなかったのですが、お味噌汁と白いご飯がでました。

 

龍洞 朝ご飯

 

こちらは朝食です。

 

湯豆腐がありました。

 

3人で宿泊してきましたが、なんと!お値段一人13500円です。

 

13500円でこのレベルの高さ、コスパ良し、お風呂良しで、もう大満足です。

 

龍洞★インフォメ―ション

 

源泉掛流しの湯めぐりテーマパーク 龍洞

 

■温泉

無色透明、無味無臭単純温泉。刺激が少ないなめらかな湯触りなので、高齢者の方やお子様でも入浴しやすく、家族とのんびり過ごすのにぴったりです。
Ph値は8.0〜8.5のアルカリ性で、肌がスベスベする美人の湯とも言われています。

 

敷地内の2箇所の源泉から湯が湧き出しており、豊富な湯量で露天風呂はもちろん、館内の内湯まですべて100%源泉かけ流し天然温泉となっております。

 

■泉質

単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)

 

■効能

美肌・神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復期・過労回復・健康増進によく効きます。
客室内のユニットバスは除きます。

 

■料金
1泊2食付き・2名様利用:一人@15000円前後

 

■チェックイン 15:00~最終18:00

 

■チェックアウト 11:00

 

素泊まり・日帰りプラン有

 

全22室

 

 

龍洞への交通

 

車の場合

 

関越自動車道 水上ICより国道291号・県道63号を行く(約23km)。水上ICからの所要時間は約40分。

 

冬期間(12月〜3月)は、積雪や凍結のため、スタッドレスタイヤを装着するか、タイヤチェーンを持った方が良い。

 

※尾瀬方面からの63号線は冬季閉鎖となるため冬は通行不可。

 

電車の場合

 

★新幹線利用なら上越新幹線「上毛高原駅」で下車

 

「水上駅行き」のバスに乗り、「水上駅」で降りる。(バス所要時間 約25分)

 

水上駅で「湯ノ小屋行き」のバスに乗り、終点の「湯ノ小屋」で下車。(約50分)

 

徒歩2分で宿到着。

 

上毛高原駅からのバス料金片道 2,070円

 

★高崎駅から上越線の場合は「水上駅」で下車。

 

水上からは新幹線組と同じルートで。

 

水上駅からのバス料金:片道1,450円

 

まとめ・感想

 

★★★★*

 

食事・お風呂ともかなり満足できて、このお値段でここまでのサービスのお宿はそうそうお目にかかれないので、5つ星をあげたいくらいです。

 

冬はとにかく雪がすごいです。水上駅周辺ではさほど見られなかった雪も、この湯の小屋あたりにくると桁違いに雪が積もっています。

 

周りにはなにもなくまさに秘境。冬は雪がすごすぎて散歩にも行けないので、ひたすら露天風呂でまったりと過ごすことになるともいます。

 

ロビーにコーヒー紅茶無料サービスがあるので、バスの時間までゆったり過ごせます。

 

仲居さん、サービス係の人は若い方が多いけど、みな親切で一生懸命つとめている気配が感じられ好感が持てるお宿です。

 

ご家族で、恋人同士で、友人同士でのんびりいたい、プライベートをしっかり守りたいという方たちに最適なお宿です。

 

ゆこゆこネットキャンペーン中源泉掛流しの湯めぐりテーマパーク 龍洞

 

湯の小屋温泉 バス停

 

湯の小屋終点のバス停。山小屋っぽくてイイ感じ。