この記事は約 3 分で読めます

プリシアリゾート 通路

 

翌朝のヨロンは快晴!

 

前日にたくさん食べたのに、寝坊をしたせいかお腹が空いていました。

早速、朝食会場へ向かいます。
 

 

プリシアリゾートの朝食(和洋バイキング)

 

プリシアリゾート 朝食会場

 

朝食は本館ロビー脇にある【ビーナス】にてとります。

 

和洋のバラエティのとんだバイキングでした。品数が多く、どれも美味しそう♪

 

私は旅先の朝食にお粥があると必ずいただくのですが、ここのおかゆさんは塩加減が絶妙でとても美味しかったです。

 

デザートもヨーグルトに南国のフルーツをのせて、たくさんいただきました。

 

のんびり朝食をとってから部屋に戻り、今日はレンタカーでヨロン島内をドライブして百合ヶ浜に行くので支度をします。

 

ヨロン島内を移動する方法

 

ヨロン島内を観光したり島内を移動する場合、レンタカー、レンタサイクル、レンタバイク、タクシー、島内バスなどがあります。

 

島内は意外と坂道が多いので、暑さの中で自転車をこぐのも大変なので、レンタバイクがおススメです。

 

なお、島内には自動販売機がわりと多く設置されているので、水分不足の心配は要りません。

 

レンタカー・レンタサイクル・レンタバイクを借りるには

 

レンタカーはプリシアリゾートにもあり、フロントで申し込みができますが、台数が少なく、車が古く、料金が少し高めです。(保険料込)

 

【ヨロン島 レンタカー】で検索したときに表示された4社の値段比較をしてみました。

 

ヨロンレンタカー 南国レンタカー Mレンタカー プリシアレンタカー
軽自動車 5000円 4500円 4500円 6000円
普通自動車 6000円 6000円 6000円 7000円
レンタバイク 3000円 3000円 3000円 4500円
レンタサイクル 1300円 1300円 1300円 1800円

 

※レンタカーは6時間借りたときの値段で比較しています。

 

ヨロンレンタカー南国レンタカーMレンタカー、いずれも茶花にあり、空港、港、ホテルなどに無料送迎してくれます。

 

タクシーは電話で頼もう

 

タクシーは道を歩いてても拾えませんので、電話で申し込み、ホテルや空港などに迎えにきてもらいます(迎車代は発生しません)

 

一般乗車の他、1時間3360円で貸切ることもできるようです。

 

プリシアリゾートから茶花に行く場合、大体のタクシー料金は800円くらいです。

 

バスはどこでも停まってくれる

 

ヨロン島 バス路線図

 

バスはこの赤い線を「北回り」「南回り」で一周40分ほどで回っています。

 

バス停は一応ありますが、この路線上でしたら、どこにいても手を上げれば停まってのせてくれますし、また好きな場所でおろしてくれます。

 

バスというより大きめのバンなので、バス停以外で停めるときはよく見ないと気づかないかもしれません。

 

でもとてもゆったりとしたスピードで走っているので「こんなゆっくり走ってるのはバスにちがいない」って思えます^^

 

時刻表は午前中なら1時間に1本くらいありますが、午後になると2~3時間に1本しかありませんので、バスに乗って観光をされる方は、午後のバスの時間を注意してくださいね。

 

私がバスに乗った時は、病院帰りのおじいちゃん、おばあちゃんが乗っていらして、運転手さんと和気あいあいと話していて、とてものどかな時間を過ごせました。

 

料金は一律200円です。

 

くわしいバス・タクシー情報はこちらで⇒ヨロン島観光ガイド