この記事は約 9 分で読めます

ルフトハンザ プレミアムエコノミー 搭乗記

成田⇔フランクフルト、羽田⇔ミュンヘン、ルフトハンザ プレミアムエコノミーに乗った口コミです。(2016年11月、2017年6月、12月、2018年4、5月に搭乗した情報です)

 

プレミアムエコノミーに乗ってみた!

 

片道分299€払ってプレミアムエコノミーに乗りました。(2016年11月)

(エコノミーで予約した後、ルフトハンザHPにてアップグレードを申し込みしました)

 

2018年6月現在は値上げされ、アップグレードをするには片道400€~かかるようです。

くわしい料金はルフトハンザ公式HPでお確かめください)

 

アップグレード料金を支払っても、プレミアムエコノミー席に価値があるかどうか、くわいくレポートしていきます。

 

ラウンジは?

 

残念ながらプレミアムエコノミーでは、ビジネスクラス以上の方たちが使える空港のラウンジは使えません。

 

一部の空港ではプレミアムエコノミー座席のチケットを持っていると、有料(25€~50€)でラウンジが使用できるようになります。

 

支払いは空港のルフトハンザチケットカウンターや、フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフではラウンジの入り口にて支払いができます。

 

詳細はこちらのHPにてご確認ください⇒ラウンジの種類と利用条件

 

優先搭乗は?

 

機内への案内がアナウンスされると、どこのエアラインでも同じですが、優先搭乗があります。

 

お体の不自由な方、小さいお子さん連れの方、高齢者、そしてファーストクラス、ビジネスクラス、スターアライアンスゴールド会員などのステータスのある方が、いち早く機内へ案内されますが、プレミアムエコノミーは、これらの優先搭乗の後、機内への案内があります。

 

エコノミークラスの方たちより早く機内へ入れるので、新聞雑誌等はかならず残っています。(飛行機・入口に置いてある新聞雑誌等は数に限りがあるので早い者勝ち)

 

プレミアムエコノミーの座席・特色

 

エコノミークラスより空間は50%広めに作ってあるそうです。

 

横並びの座席の配置がエコノミーが3・4・3に対して、2・3・2で並んでいるので、

座席も広めになっていますが、通路も少し広くなっています。

 

プレミアムエコノミー 肘掛け 広い

 

肘掛けも広めに作ってあるので、隣の人と共同で使えます。
(エコノミークラスはこの半分の大きさ)

 

肘掛けはあまり関係なさそうですが、じつはこの手の先に飲み物を置けたりするので、意外と便利です。

 

プレミアムエコノミー 座席空間

 

膝あたりの空間もゆったりしています。

 

なのでリクライニング率も大きく、足も伸ばせるのでリラックス度も上がります。

 

また、上下に動くフットレストもあるので、好きな位置で固定することができます。

 

プレミアムエコノミー 座席の空間

 

こちらの座席は前に壁のある座席です。

 

こちらの方が足元が広く余裕がありますので、お手洗いに立つときなども通路側の隣の座席の方に気兼ねなく前を通ることができます。

 

予約する時にここの席を押さえたいですね・・

 

ミネラルウォーター500mlがサービス

 

プレミアムエコノミー ミネラルウオーターサービス

 

一人1本ミネラルウォーターがついています。

 

ウェルカムドリンクがくる

 

離陸準備に入るとオレンジ・マンゴージュースなどのフレッシュジュースのサービスがあります。

 

アニメティがついている

 

ルフトハンザ プレミアムエコノミー アニメティポーチ

プレミアムエコノミー アニメティ 中身

 

ルフトハンザ専用ポーチの中に、タオル、歯ブラシ、アイマスク、耳栓、靴下、スリッパの6点が入っています。スリッパと靴下は機内で使用したので置いてきました。

 

モニター画面が大きい

 

エコノミークラスのモニター画面より大きいので見やすいです。

 

普段エコノミークラスばかり乗っている私には、サウンドも大きく聞こえるような気がしました。

 

というのもビデオを日本語で見た場合、飛行機のエンジン音がうるさくて、聞き取れないことが多いのですが、今回は比較的しっかり聞こえました。

 

 

プレミアムエコノミーの機内食

 

離陸から1時間ほど経つと、おしぼりのサービス、続いて食前酒のサービスがあります。

 

ナッツ類のおつまみの他、ワイン・ビール・ジュースなどがあります。

 

ビールは味が薄くてあまり美味しいとは言えませんが、スパークリングワインがシャンパンっぽく飲めるので、こちらがおススメです。

 

その後30分くらいすると、食事が運ばれてきます。

 

ルフトハンザ プレミアムエコノミー 機内食 夕食

 

まず1度目の機内食です。

 

メニューは洋食と和食の2つのタイプがあり、私は和食の「豚ミソ煮込み」を選びました。

 

食事内容は基本エコノミークラスと同じ・・・と言われていますが、じつは少し違います。

 

 

プレミアムエコノミーの機内食

 

2017年4月のプレミアムエコノミー(ミュンヘン→羽田)の機内食 夕食

 

プレミアムエコノミーの機内食

 

2017年6月のプレミアムエコノミー(羽田→ミュンヘン)の機内食 夕食

 

ルフトハンザ プレミアムエコノミー 夕食

 

2017年10月のプレミアムエコノミー(ミュンヘン→羽田)の機内食 夕食

 

オードブルがちょっとだけ豪華

 

画像一番上の食事の内容を少しご説明しますね。

 

左上のキュウリとトマトがのっているオードブルは、エコノミークラスのオードブルと中身がちがっていました。

 

私の後ろの席はエコノミークラスだったのでチラチラとチェックしましたが、黄色が見えなかったので、卵焼きがなかったようです。

 

パンが柔らかい

 

エコノミーで配られるパンはちょっと細長い硬めのパンですが、こちらでは丸いロールパンがでてきました。

 

チョコレートが大きい

 

キットカットがついていましたが、エコノミークラスは小さいチョコでした。

 

使われている食器が陶器

 

使われている食器がプラスティックではなく陶器・ステンレス(ナイフ・フォーク)でした。ワインが入っているグラスもガラスでした。

 

些細なことですが、やはりプラスティックの器より美味しく感じられます。

 

軽食はおにぎりかマーブルケーキ

 

約12時間のフライト中、食事は2回あるのですが、途中で軽食サービスがあります。

 

鮭のおにぎりかマーブルケーキのどちらかを選ぶのですが、このおにぎりは正直まずいのでおススメできません。(このサービスはエコノミー・プレミアムエコノミー共通です)

 

コンビニの美味しいおにぎりを食べなれている日本人にとっては、塩っ気もないべちゃーとしたおにぎりは今一つですね。

 

また、軽食で配られる以外にも、パントリ―(CAさんが食事の用意をしている場所)などに行けば、このおにぎりやマーブルケーキ、ナッツ類などが用意されているので好きな時に食べることができます。

 

プレミアムエコノミー 機内食 朝食

 

続いて2度目の食事 朝食となります。

 

朝食も、和食か洋食を選ぶことができます。

 

トマトソースのペンネとチョコレートケーキでした。

 

プレミアムエコノミーの機内食 朝食

 

2017年4月のプレミアムエコノミーの機内食(ミュンヘン→羽田)朝食

 

プレミアムエコノミーの機内食 朝食

 

2017年6月のプレミアムエコノミー(羽田→ミュンヘン)の機内食・朝食

 

プレミアムエコノミー ルフトハンザ 機内食 朝食

 

2017年10月のプレミアムエコノミー(ミュンヘン→羽田)の機内食・朝食

 

お口直しのアイテムがもらえる

 

プレミアムエコノミー 機内食後のお口直し

 

機内食が片づけられたあと、こんなのが配られました。

 

黄色い包みはチョコレートです。

 

2回目の機内食後はトイレがとても混みます。

 

歯を磨きたいところですが、待っている人が多いので、長時間占領するのは避けましょう。

 

そんな事情を配慮してか、お口直し用のアイテムが配られました。

 

Tictacはガムでもなくグミでもないキャンディのようなものでした。(配られない場合もあります)

 

 

プレミアムエコノミーの搭乗記は以上です。

 

この日は座席がほぼ満席でしたので、プレミアムエコノミーを予約できてよかったです。

 

長時間のフライトはとても疲れますが、座席で膝を曲げたり、足首を回したりできました。

 

座席にゆったり腰掛けられたので、何度か仮眠することもできました。

 

プレミアムエコノミーの購入方法

 

このプレミアムエコノミーの購入方法は4通りあります。

 

航空券を購入するときに同時予約をする(おすすめ)

 

旅行代理店やルフトハンザHPより航空券を購入するときに、最初からプレミアムエコノミーの席を予約します。

 

この場合、予約と同時に座席を予約できますので、同じプレミアムエコノミーでも足元が広めの(前が壁)の席が予約できます。

 

ルフトハンザHPから航空券を購入予定の場合、2017年12月29日現在、成田ーフランクフルト間のプレミアムエコノミーの最安値は片道109,670円です。

 

エコノミークラスの最安値が57,920円なので、51750円が加算になりますが、このエコノミークラスの最安値はすぐに売り切れてしまうので、実際の差額は4万円程度だと思います。

 

航空券を最安値で買って、あとからグレードアップする

 

私はこのやり方で買いました。

 

但し、プレミアムエコノミーに空席があるという条件下で発生すると思いますので、混雑期(GWや年末年始など)は席が空いていない場合があります。

 

まず、最安値でエコノミークラス航空券を買います。
予約航空券を持っていれば、どなたでもアップグレードすることができます。

 

購入した予約番号をルフトハンザ公式HPの【チェックイン/予約の管理】入れると、「アップグレードをしませんか?」という表示がでてくるので、そちらへ進みます。

 

私が購入をしたのは搭乗の3日でした。値段は299€(36,000円前後)クレジットカード払いでした。

 

支払いが終わると登録したメールアドレスに新たなEチケットがおくられてきます。

 

そしたらすぐに座席の予約をしましょう。

 

入札に参加してみる

 

こちらも座席が空いているという条件下ですが、すでに航空券をお持ちの方は入札に参加できます。

 

これはプレミアムエコノミーを自分の好きな値段で入札することができるシステムで、公式HPの【アップグレード】に行きますと、入札方法がのっています。

 

入札金額とともにクレジットカードを登録しておくと、搭乗の72時間前に落札か否かの連絡がくるシステムになっています。

 

座席に余裕があれば当然安い金額でも入札できるので、空席状況などがわかるとありがたいですが、人気のない出発日以外は早めに座席が埋まってしまうので、この方法はちょっとおすすめできません。

 

当日、空港or機内で購入する

 

当日、チェックイン・手荷物カウンター、ゲートなどでアップグレードのお申し込みができます。

 

また、機内に搭乗してから離陸準備のときに、プレミアムエコノミーに空席がある場合、その場でアップグレードの申し込みができます。

 

これは客室乗務員から機内アナウンスで知らされます。
金額は、あまり記憶がないのですが、250~300€くらいだったような気がします。

 

2017年12月に乗った時は350€(1€133円計算で46,550円)というアナウンスが流れていましたが、2018年5月に乗った時は450€(1€130円計算で58500円)でアナウンスされていました。

 

マイル数はどのくらい?

 

ルフトハンザに搭乗しましたが、ANAマイルを貯めているのでANAマイレージに加算しました。(同じスターアライアンスグループ)

 

羽田―フランクフルト間:5,928マイル Nクラス(プレミアムエコノミー)

フランクフルトー羽田間:1,778マイル Kクラス(エコノミークラス)

 

座席をアップグレードしたら4,150マイルが加算されました。
299€(約36,000円)の支払いで4150マイルということになるので、けっこういいんじゃないかな~と思います。

 

最後に

 

エコノミークラスでもかなり空席の目立つ日もあり、そんなときは真ん中の4列を独り占めできるので、体を横にして眠ることができます。

 

なので実際に搭乗して、空席情報を確認してからアップグレードをするのが一番良い方法だと思うのですが、席が空いていなければ空席のアナウンスもありませんので、ご希望の方はWebでアップグレードが簡単にできますので、お早めに予約することをおススメします。

 

ちなみに私がアップグレードをしたときはパイロットたちの賃金のストライキ決行中ため、予約便がたいそう混んでいました。

 

案の定エコノミー席は満席でしたが、プレミアムエコノミーはそれでも2~3、空席がありましたので、当日でもアップグレードのアナウンスをしていました。

 

私は腰痛持ちなので、300€払ってもアップグレードして良かったと感じました。

 

ご参考になれたら幸いです。